イタチと関係ある「鳥獣保護法」をご存知ですか?

Pocket

鳥獣保護法

野生動物は、自由に狩りや捕獲などを行えるわけではありません。一部の動物は、「鳥獣保護法」という法律の対象になっており、もしもそれらの動物に危害を加えると罰せられる可能性があります。

この鳥獣保護法、実はイタチとも関係があります。では、どのような点でイタチと鳥獣保護法は関係しているのか、そしてその法律を通して人間と動物の関係について考えていきましょう。

鳥獣保護法とイタチの関係

メスのイタチは、保護の対象

鳥獣保護法とは、自然環境を保全するために、一部の動物を保護することなどを目的として制定された法律です。この法律に定められている動物は、保護の対象となります。

イタチは私たちの生活に害を加える動物ではありますが、この鳥獣保護法に定められた保護されるべき対象の動物でもあります。そして特にメスのイタチは、捕獲すること自体が禁止されているのです。

このような保護の対象となる背景には、イタチが比較的希少な動物であること、そしてイタチを守ることで他の生態系を守ることなどの理由があります。

捕獲した場合はすぐに自然に返すよう気をつける

自宅がイタチの被害に遭っている場合、捕獲器などを使用してイタチを捕まえようとする方も多いかもしれません。そのような退治方法を行う場合は、イタチを実際に捕獲した際にその後の対処に気をつけるべきです。

もしも、保護の対象となっているメスのイタチを捕獲した場合は、そのままにしておいたり殺処分をしたりしてはいけません。最悪のケースでは、法的な責任をとらなければならないこともあります。

また、オスのイタチであっても、勝手な判断で狩りをするのは禁止されています。それに、イタチの雌雄の判別は素人ではかなり難しいです。ですので、捕獲器などで捕獲した場合、保健所などの窓口へ連絡して法的な責任を取らなくていいように対処をしましょう。

鳥獣保護法から考える、動物と人間の関係

鳥獣を保護することで環境保全に繋がる

イタチと鳥獣保護法が関係していることがわかりましたが、そこからさらに発展して、鳥獣保護法から動物と人間の関係について考えてみましょう。

この鳥獣保護法が制定された目的でもありますが、自然に存在している鳥獣を保護することによって、私たちの住む自然環境の保全に繋がります。それは、結果として、私たち人間の生活環境に巡り巡って影響してくるものです。

イタチなど、保護するべき鳥獣を大切に扱うことによって、その他の動物の環境も守られます。そうすると、人間が食料としているような動物の個体数も減りませんし、森林などの自然環境も間接的に守ることができます。

つまり、鳥獣保護法は、特定の動物を守るのではなく、環境全体を守るということを念頭に置いている法律だと言えるでしょう。

鳥獣保護法は、人間が人間自体に行動を規制するために作った法律です。このような法律の裏には、人間が好き勝手をすると、特定の動物の個体数を減らしてしまって自然と人間の関係を壊してしまう傾向がある、という理由があります。

もしも、鳥獣保護法などの規制がなければ、私たちは害獣であるイタチやその他の動物を手当たり次第に処分しているかもしれません。しかし、その点で、規制がかかっているからこそ、これらの動物を自発的に守ることができます。

これは、一種の人間のモラルの表れであると捉えることができるかもしれません。人間の自由意志に任せているだけでは、きっと多くの動物を絶滅させてしまい、生態系や自然の破壊はどんどんと進んでしまうでしょう。

その点で、鳥獣保護法という自発的な規制は、自然との適切な距離感を作り出し、結果的に私たち人間を守ることにも繋がっています。

まとめ

たとえ、イタチのような害獣であったとしても、自然の大きな枠組みの中で見てみると貴重な生態系の一端を担っている生物です。ですので、人間に害を加えるものについては適切な対処をするべきですが、無断で捕獲をしたり処分をしたりすることは自然に対して大きなダメージを与えることとなります。

自然と適度な距離感、関係性を保つ上で、鳥獣保護法という法律を意識しておくことは大切です。そして、その法律を意識しながら、イタチなどの害獣についても退治と保護という両面からアプローチしていく姿勢が求められます。

こちらの記事もどうぞ→イタチの種類、日本におけるイタチ